暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)投資7ヶ月目(2022年6月)の実績

2022年6月、私の仮想通貨投資も7ヶ月目に入りました。

相場はますます下げ基調で厳しいですが、新たにDeFiでの運用も開始。

先月に続いて変化がありました。

この月の変化

  • 積立額をさらに増額
  • スポット購入の実施
  • DeFiでの運用開始

相場は引き続き下落傾向

2022年6月のビットコインの値動きは次のとおりです。

2022年6月は暗号資産(仮想通貨)の価格は、前月からさらに下げ幅を広げて厳しい月となりました。

ビットコイン価格は、300万円を割り込み、200万円台後半での動きが続いています。

2022年6月の変化

2022年6月は、個人的に暗号資産(仮想通貨)投資に関していろいろと変化の多い月でした。

具体的には次のような変化です。

積立額をさらに増額

ビットコイン価格が大きく下落したので、買い増しのチャンスと見て、6月20日から毎日の積立額を600円から700円へとさらに増額しました。

イーサリアムの300円と合わせて1日の積立額が1,000円になります。

スポット購入の実施

ビットコインの価格下落に伴い、下記のとおりスポット購入も実施しました。

  • 6月13日 1BTC=3,300,000で0.001BTC(3,300円分)
  • 6月15日 1BTC=2,800,000で0.0015BTC(4,200円分)

50万円刻みで指値注文を入れているのですが、下落の速度が早く、あっという間に2件の注文が成立してしまいました。

次の2,300,000円にはなかなか到達しません。

DeFiでの運用開始

以前から興味のあったDeFiについて学び始め、少しずつですが運用も開始しました。

少しずつ本格的に運用していきたいと思います。

2022年6月の購入額

というわけで、2022年5月はちょっと多めに購入することとなりました。

月間購入金額は次のとおりでした。

BTC 26,600円

ETH 9,000円

IOST 10,000円

2022年6月末現在の運用実績

価格下落に伴い、3通貨ともに含み損です。

それぞれの価格は次のとおりです。

Coincheckの過去のレート検索より

BTCが2,600,098円、ETHが139,552円、IOSTが1.763円でした。

前月末の価格はBTCが4,072,801円、ETHが252,159円、IOSTが2.280円でしたので、ひどい下落です。

各通貨の残高と評価額は次のとおりです。

BTC 0.03566094BTC 92,722円(-71,378円 -43.50%)

ETH 0.34914887ETH 48,724円(-49,676円 -50.48%)

IOST 8180.48443IOST 7,730円(-200円 -19.56%)

まとめ

3通貨ともに大幅マイナスとなりました。

イーサリアムは半値以下に下がるという有様。

この相場状況では仕方ありませんね。

さすがに下げ止まって欲しいですね。

暗号資産(仮想通貨)の積立なら暗号資産交換業者大手のコインチェックがおすすめ!

コインチェックの口座開設はこちらをクリック>>コインチェック コインチェック

暗号資産(仮想通貨)の貸出なら国内最高料率のビットレンディングがおすすめ!

ビットレンディングのお申し込みはこちらをクリック>>BitLending BitLending

-暗号資産(仮想通貨)
-, , , , ,