暗号資産(仮想通貨)

ビットコイン積立投資・これがドルコスト平均法の威力だ!

2022年3月28日早朝から、ビットコイン価格は大きく上昇。

1BTC=550万円前後で推移していたのが、一気に580万円を超えてきました。

おすすめの取引所

ビットフライヤーのお申し込みはこちらをクリック>>bitFlyer

投資開始時の価格を回復

私がビットコイン投資を始めて3ヶ月にして、初めて開始時の価格を上回りました。

私が投資開始した2021年12月26日時点でのレートは1BTC=5,876,939円。

ここから下落を続け、一時は350万円程度まで下がりました。

そこから上昇局面に入り、3ヶ月を経て、ようやく投資開始時の価格を回復。

ちなみに、この記事を書いている時点でのレートは1BTC=5,870,477円です。

投資開始時の価格は少し下回っていますが、誤差の範囲と言って良いでしょう。

積立投資・ドルコスト平均法の威力

今回のビットコイン価格回復のおかげで、私の投資成績は次のとおり大きく改善しています。

  • 投資額 91,300円
  • 評価額 100,549円
  • 損益  +9,249円(+10.13%)

投資額が大したことないので、利益額も少ないですが、注目すべきは利益率です。

10.13%のリターンも大したことはないと思われるかもしれません。

でも、これは価格が戻った時点での成績です。

ビットコインの価格は約580万円からいったん大きく下落し、もとに戻っただけです。

もし、投資開始時に一括で購入し、放置していたとしたら、現時点での損益は±0%です。

「ようやくもとに戻ってくれた」と胸をなで下ろしているところでしょう。

それに対して、ドルコスト平均法(一定金額を定期的に購入していく方法)による積立投資を続けた結果は、+10.13%です。

すごいと思いませんか!?

これが積立投資・ドルコスト平均法の威力です!

本音はそれほどうれしくない?

ビットコインの価格が回復したのはいいのですが、本音はそれほどうれしいとは思っていません。

強がりではなく、これから買う分は高い価格で購入することになるからです。

もっと長く低迷してくれて、安い価格で買えたほうが、将来、価格が上昇した際にさらに大きな利益が得られます。

下がり続けた場合は、損しますが、高い価格で一括して購入した場合よりも損失は少なく済みます。

今後の投資方針

今後の投資方針ですが、特に変わることなく、積立を続けます。

投資開始時の価格に戻ったということは、これからもう一度始めるのと同じと考えることもできます。

今後の値動きはどうなるか分かりませんが、将来的な値上がりを期待していることに変わりはありませんので、ひたすらコツコツ積み立てていくだけです。

ビットコインを買うなら積立投資がおすすめ

このブログでは一貫して、ビットコイン投資は積立をおすすめしています。

理由は、上で説明したような結果が得られるからです。

ビットコインの積立をするなら、1円から積立ができるbitFlyerがおすすめ!

おすすめの取引所

ビットフライヤーのお申し込みはこちらをクリック>>bitFlyer

-暗号資産(仮想通貨)
-,