暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)投資5ヶ月目(2022年4月)の実績

2022年4月、私の仮想通貨投資も5ヶ月目に入りました。

上旬には大きく下げましたが、その後は順調に回復してくれました。

下落傾向

2022年4月のビットコインの値動きは次のとおりです。

2022年4月は初旬は高い価格で推移していたものの、再び下落傾向に入り、500万円付近での上げ下げを繰り返す。

低い価格で推移してくれれば買い増しのチャンスとも思えますが、スポット購入を決断するまでには至りませんでした。

2022年4月の購入額

この月はスポット購入や積立額の増額を行うことなく、ひたすら積み立てていくだけの月となりました。

月間購入金額は次のとおりでした。

ビットコイン 15,000円

イーサリアム 9,000円

2022年4月末現在の運用実績

価格下落に伴い、ビットコインは再び含み損状態に転落。

ビットコイン、イーサリアムの価格は次のとおりです。

Coincheckの過去のレート検索より

ビットコインが4,974,282円、イーサリアムが361,814円でした。

前月末の価格はビットコインが5,662,827円、イーサリアムが409,977円でしたので、大きな下落です。

各通貨の残高と評価額は次のとおりです。

ビットコイン 0.02018961BTC 100,429円(-7,371円 -6.74%)

イーサリアム 0.16703743ETH 60,436円(+6,836円 +12.75%)

まとめ

ビットコインはマイナスに転落。

イーサリアムは先月の+33.12%から+12.75%へ大きく縮小しました。

さらに下がるようであれば、スポット購入や積立額の増額も考えていきたいと思います。

暗号資産(仮想通貨)の積立なら暗号資産交換業者大手のコインチェックがおすすめ!

コインチェックの口座開設はこちらをクリック>>コインチェック

-暗号資産(仮想通貨)
-, ,