ビットレンディング

ビットレンディングの始め方|登録から貸出までの手順を解説

ビットレンディングを始めたいけど、どうやって始めればいいの?

貸出の手続きは難しくない?

暗号資産(仮想通貨)の送金なんてしたことないんだけど……

この記事ではそんなあなたのために、ビットレンディングの登録から貸出までの手順を1つ1つ丁寧に解説します。

特に難しくはありませんので、このとおりに進めていけば、ビットレンディングで貸出ができるでしょう。

ビットレンディングがどんなものかについては下記の記事で詳しく紹介しています。

それではさっそく手続きを始めていきましょう!

ビットレンディングのお申し込みはこちらをクリック>>BitLending

利用申し込み

まずは利用申し込みをします。

ビットレンディングのお申し込みはこちらをクリック>>BitLending

メールアドレスを登録

  • 下にスクロールして「先行利用の詳細」をクリック

現在は2022年7月の正式スタートに向けた先行利用期間ですので、「先行利用」となっています。

  • メール」の入力欄にメールアドレスを入力
  • 規約同意」の「同意する」のチェックボックスにチェックを入れる
  • 送信」ボタンをクリック

下のようなメールが届きます。

  • 申込・本人確認」をクリック

申込フォームに必要事項を入力

申込フォームに必要事項を入力します。

  • メールアドレス」欄にメールアドレスを入力
  • 携帯番号」欄に携帯電話の番号を入力
  • 個人」「法人」の別を選択してチェック
  • 次へ」をクリック

個人情報を入力します。

  • 」漢字で入力
  • 」漢字で入力
  • 生年月日」西暦で入力
  • 住所」本人確認書類と同じ住所を入力
  • 国籍」当てはまるほうを選択
  • 外国の重要な公的地位を有する者(PEP)に該当しますか?」当てはまるほうを選択
  • 次へ」をクリック

貸し出す通貨の種類と枚数を申請

貸し出す通貨の種類と枚数を申請します。

  • 通貨」貸し出す通貨を選択
  • 枚数」枚数を入力(通貨ごとの最低枚数以上の入力が必要です)
  • 次へ」をクリック

私はイーサリアムを0.1枚貸し出しました。

その場合「通貨」は「ETH」を選択して、「枚数」は「0.1」と入力します。

複数の通貨を貸し出したい場合は、本人確認完了後に「追加申込」ができます。

本人確認書類を送信

本人確認書類を送信します。

  • 本人確認資料」送信する書類の種類を選択
  • 次へ」をクリック

運転免許証を送信する場合は「運転免許証/運転経歴証明書」を選択します。

選択した証明書の送信用の画像サンプルに従って証明書の画像を撮影してアップロードします。

  • 送信」をクリック

下の画面が表示されれば申し込みは完了です。

本人確認が完了したら、下のメールが届きます。

「3営業日以内に」となっていますが、私の場合は日曜日に申し込んで月曜日(翌営業日)の11:36に届きました。

特に混雑していなければ、すぐに完了するようです。

貸出を実施する

本人確認が完了したら、いよいよ貸出の実施です。

本人確認完了の連絡と合わせて、下のような「貸出についてのご案内」というメールが届いていると思います。

メールに記載の「送金先アドレス」に送金すれば、貸出の手続きは完了です。

暗号資産(仮想通貨)を送金する方法

送金は、

  • すでに保有している暗号資産(仮想通貨)を送金する
  • 新たに暗号資産(仮想通貨)を購入して送金する

という2つの方法があります。

すでに保有している暗号資産(仮想通貨)があれば、そちらを送金すればいいですし、ない場合は新たに購入して送金しましょう。

新たに購入する場合は送金手数料無料のGMOコインがおすすめ

新たに暗号資産(仮想通貨)を購入する場合は、送金手数料無料のGMOコインがおすすめです。

GMOコインは送金手数料が無料というメリットがあります。

GMOコインの口座開設はこちらをクリック>>GMOコイン

GMOコイン

取引所によっては送金に手数料がかかるところもありますので、送金する前提で購入する場合は送金手数料が無料の取引所で購入するとよいでしょう。

取引所にはそれぞれ特徴がありますので、用途に応じて使い分けるとおトクに運用ができます。

例えば、ETHをbitFlyerから送金する場合は、0.005ETHの送金手数料がかかります。

今回貸し出すETHは0.1ETHで貸借料が年率10%なので、1年間貸し出して得られるのは0.01ETH。

bitFlyerから送金すると、半分が送金手数料で消えてしまうことになります。

送金手数料無料の効果の大きさがよく分かるでしょう。

GMOコインの口座開設はこちらをクリック>>GMOコイン

送金の手順

それでは実際の送金の手順を解説していきましょう。

今回、私は

  • GMOコインでETHを購入して送金

という方法を試してみたので、それについて説明します。

GMOコインからETHを送金

GMOコインからの送金は次の手順で行います。

  • 左メニューの「入出金」→「暗号資産」をクリック
  • 送金する銘柄を選択

今回はETHを送金するので「イーサリアム」を選択しました。

  • 送付」タブをクリック
  • 新しい宛先を追加する」をクリック
  • GMOコイン以外」を選択
  • プライベートウォレット(MetaMaskなど)」を選択
  • ご本人さま以外」を選択
  • 法人」を選択

宛先情報を登録します。

  • 宛先名称(ニックネーム):わかりやすい名称を記入(例:ビットレンディング)
  • イーサリアムアドレス:「貸出についてのご案内」のメールに記載されている「送金先アドレス」を記入
  • 受取人名称:「貸出についてのご案内」のメールに記載されている「受取人の法人名」を記入
  • 受取人名称(フリガナ):「貸出についてのご案内」のメールに記載されている「受取人の法人名(フリガナ)」を記入
  • 受取人名称(英語表記):「貸出についてのご案内」のメールに記載されている「受取人の法人名(英語)」を記入
  • 受取人居住地:「日本」を選択
  • 設立年月日:記入不要
  • 受取人との関係:「投資先」を選択

イーサリアムアドレス等は入力ミスを防ぐため、メールからのコピペをおすすめします。

実質的支配者情報の登録をします。

  • 実質的支配者情報(1人目):「個人」を選択
  • 受取人の実質的支配者名:「貸出についてのご案内」のメールに記載されている「受取人の実質的支配者名」を記入
  • 受取人の実質的支配者名(フリガナ):「貸出についてのご案内」のメールに記載されている「受取人の実質的支配者名(フリガナ)」を記入
  • 確認画面へ」をクリック

確認画面が表示されます。

  • 登録情報に誤りがないことを確認しました」にチェック
  • 利用規約の内容を確認し、同意した上で宛先を登録します」にチェック
  • 登録する」をクリック

下のような「宛先リストのご登録」というメールが届きます。

  • URLをクリック
  • 認証を完了する」をクリック

これで送金先の登録は完了です。

続いて送金手続きをします。

  • イーサリアムの宛先リスト」から登録した送金先を選択してクリック

送付先情報の確認画面に移行します。

  • 登録情報が最新かつ正確であることを確認しました」にチェック
  • 次へ」をクリック

送付元情報の確認画面に移行します。

  • 登録情報が最新かつ正確であることを確認しました」にチェック
  • 次へ」をクリック

送付内容を入力します。

  • 送付数量」を入力
  • SMSで2段階認証コードを受け取る」をクリック
  • ご登録の電話番号に送信された6桁の2段階認証コードを入力してください。」の欄に認証コードを入力
  • 今回の送付が外為法に基づく北朝鮮、イラン関連規制、米国OFAC規制に該当しないことを確認しました」にチェック
  • 受取人や実質的支配者は北朝鮮居住者ではないことを確認しました」にチェック

確認画面に移行します。

  • 内容を確認して「実行」をクリック

以上で送金手続きは完了です。

無事に送金されていたら、翌日(翌営業日?)には下のようなメールが届き、貸出が開始されます。

お疲れさまでした。

-ビットレンディング
-